.自分が卒業するためではなく,後輩のため,ひいては工学への貢献のために執筆すべし.熱い研究室魂を持って筆をとれ!

.タイトル:研究の内容,新規性を伝える重要な単語で構成されていること.目次にその単語を使った章があること.同じ単語を何度も使わないこと.

.要旨: 機械学会の論文の書き方(http://www.jsme.or.jp/publish/ronbun/JT-sample.pdf)を参考にし,2ページにまとめた要旨を冒頭に載せること.

.英文アブスト: 大学院生,大学院進学組学部生,A4で1ページの英文アブスト(or サマリー)を書くこと.アブストは,インデントをつけず一段落で書く.長めの場合(サマリー)はインデントを付けて段落分けする.

.諸言: 参考文献を引用しながら他人の研究と自分の研究を比較・分類し,自分の研究の位置づけ,オリジナリティーを明確にする.参考文献は30報以上載せることが望ましい(単なるコピペは意味なし.熟読し,本文で引用する論文のみを掲載する.100報ぐらい読んで,その中から価値ある30報ぐらいを載せるのが望ましい.ゼミの論文発表でたくさん調べたはず).背景,目的,の後に本論文の構成も述べる.

.本文: 口語体で書くべからず.思い込みを排除する.主観(説得力のない思い込み)ではなく,客観的データに基づいて,定量的指標で議論を展開すること.例えば,高いではなく,相関がいくつだったから高いとか,何%改善した,など.

.結言: 論文を総括し,今後の課題を述べる.諸言で述べた目的と矛盾のない内容であること.

.業績: 大学院生は特に学会での業績を載せること.

.参考文献: 口頭発表ではなく,査読の通ったジャーナル(IEEE R&A, ASME, RSJ, JSME, JSDE等)をメインに載せる.日本語だけではなく,インターナショナルにサーベイすること.ほとんどが20年前の論文などはもってのほか.

.付録: 使った器具の仕様,製作したロボットの図面,制御回路図,ルンゲクッタのような数値アルゴリズムなどを載せること.

.ここまで書いて50ページにみたないのなら,己の思いの薄っぺらさを知れ.何とか50ページぐらいは書くこと(くだらない改行や,大きな図等はもってのほか).修士には2倍以上の思いがあるはず.

.謝辞: 自分が辿り着いた今を思いながら,1年を,学部時代を,そして人生を振り返りながら,追憶に浸りながら感謝の気持ちを述べること(何も教員ばかりが研究を手伝ったわけではない).

.諸注意: 最終的に論文はオープンアクセスでネットで検索される.盗用(コピペ)はすぐ発覚.名誉も恥も未来永劫.共同研究先との守秘義務などにも注意する.

.最終的に,皆が納得し,今の自分が納得したら,将来の自分に誇れるようなら,判子をもらうため,オフィスのドアをたたけ!

自分の論文が書けているかどうかのチェックシート

卒業論文概要作成の手引き2011 大久保先生作成
機械学会テンプレート
概要用英文アブストの書き方

卒業論文概要作成の手引き2015 南方先生作成
機械学会テンプレート2015

修論発表までの流れ

主査への修論の提出(1月初旬):
.主査へ修論と2ページの要旨を提出する.

副査への修論提出(1月中旬):
.主査に指摘された内容を修正した修論を,発表日の一週間以上前までに副査にお渡しする.
必ず事前に副査の予定を確認すること.

発表日(2月初旬→コロナ後から1月末に変更):
.聴講の人用に,30部程度要旨を会場入り口に用意しておく.
.副査に指摘された内容を修正した修論を発表中に回覧する.

発表後(2月中旬):
.発表時に指摘された内容を修正し,修論を,教務課,および,工学事務に提出する.